口でものを見る

2018年12月04日

赤ちゃんや小さなお子様が、なんでもすぐに口に入れるのは、
「口でものを見る」と言われるほど、目や手先よりも先に口の感覚が発達するからなのだそうです。

公園フォトなど撮っている最中、みんな落ち葉をすぐに口に入れちゃうのでビックリする事が多々あります。

先日の撮影でも、パパママの死角で樹皮をモグモグ。
(樹皮を食べちゃってますー!とパパママに知らせながら撮影続行しました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コードを入力してください。 *

ページトップへ