写真の価値

2016年02月27日

こんばんは、小杉です。

みなさん、お気に入りの写真、ちゃんとプリントしてますか?
会う人会う人にプリントを勧めてきた事が功を奏してか、はたまた世の中の流れか
自分の周りでは写真を何かしらの紙媒体で残す方が増えてきて、嬉しい限りです。

デジタル時代の今だからこそ、言いきっちゃっていいんじゃないでしょうかね。
「写真はプリントにして、はじめて完成する」と。

写真は未来へ思い出を届ける為の物だと、自分は考えています。
撮った写真をその場で楽しんだり、SNSに投稿してみたり、もちろんそうした写真の楽しみ方を否定するつもりはありません。
自分も日々、そうした写真の楽しみ方をしています。

ただ、たいせつな写真はやはりプリントに残すべきです。
何十年と経ったときに、はたしてパソコンの中のデータや、SNSにアップした写真を見返すでしょうか。
そもそも、現在流行っているSNSや写真データの形式が残っているでしょうか。

写真は時間が経てば経つほど、価値が増していくものと言われています。
それには、プリントして”物”として残す事が大前提なんです。

kaki20160227

カテゴリー:
ブログ
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コードを入力してください。 *

ページトップへ