ライカのソフトフォーカスレンズ

2016年01月08日

こんばんは、小杉です。
柿の木坂写真工房がこだわって使用しているライカ機材の数々。
どれもこれもライカの職人魂が詰まった素晴らしい道具なのですが、
中でも特に知っていただきたいのはタンバールという名玉レンズ。

1930年に3000本弱のみ作られた伝説的レンズで、現存する状態の良いものは限られています。
ソフトフォーカスレンズという事で、女性を柔らかく撮る事を主な目的としたレンズなのですが、男性ポートレートに使うのもなかなか味があって良いんですよ。

まぁ、この写真のモデルはアレですが‥この独特の質感、どうですか。
「タンバールで撮った」というだけで、知っている人ならテンション上がる事うけ合いのクラシックレンズ。ご興味ある方はぜひお問い合わせください。

20160108

カテゴリー:
Leica, ブログ
タグ:
, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コードを入力してください。 *

ページトップへ